ホーム
ソーシャルメディアガイドライン

ソーシャルメディアガイドライン

オープンハウスグループ(株式会社オープンハウス及びそのグループ子会社をいいます。) は、インターネット上でのコミュニケーションツールとしてソーシャルメディアを活用しています。
オープンハウスグループの公式ソーシャルメディアアカウント(Facebook、Twitter、LINEなど)においては、以下に定める姿勢・行動や基本マナーを遵守します。

ソーシャルメディア参加の目的

  • オープンハウスグループを、より多くのお客様に知って頂くこと。
  • オープンハウスグループに対するお客様のご意見・ご感想を社員にフィードバックすること。
  • オープンハウスグループにご興味・ご関心を持って頂くための情報を提供すること。

ソーシャルメディアにおける情報発信についての自覚と責任

  • インターネットへの情報発信に対しては不特定多数の利用者がアクセス可能であることを常に意識すること。
  • 発信された情報は完全には削除できないことを意識したうえで、ソーシャルメディアへの情報発信を行うこと 。
  • 各種法令やオープンハウスグループの定めるルールを遵守し、著作権・肖像権の侵害、誹謗中傷による名誉権侵害、その他の権利侵害行為を行わないこと。
  • 第三者の発信内容、記事等を引用する場合は、その出典及び引用部分を可能な限り 明示すること。
  • 一人ひとりの行う情報発信や対応が、社会に少なからぬ影響を及ぼしうることを十分に認識すること。
  • 現代社会における情報の重要性・伝播性・可塑性を認識し、情報の流出・漏洩を防止するための体制構築に努めること。

また、オープンハウスグループの社員が個人でブログ、ソーシャルメディアその他のユーザー参加型メディアに参加する際には、以下の事項を遵守しています。

ユーザー参加型メディアに参加するオープンハウスグループ社員の心得

  • 自分がオープンハウスグループの一員である旨の表明、または一員と推知させる言動それ自体が、関係者やオープンハウスグループに有形・無形の影響を与えかねないということを常に意識すること。
  • 業務上知り得た情報については、一般に公表されているものを除き、絶対に発言、投稿等を行わないこと。
  • 個人的な立場に基づく言動であっても、オープンハウスグループとしての立場に基づく言動と誤解され得る場合や、誤解により支障を引き起こすことが推測される場合には、言動を極力控え、あるいは、その言動が個人的な立場に基づくものであることを明確にすること。
  • 相手の発言に対し傾聴の姿勢を忘れず、また、読み手の気持ちを考えて発言、投稿等を行うこと。(例えば、差別的言動や低価値表現を行わないことはもちろんのこと、他人に不快感を与えるおそれがある場合にはその当否を慎重に吟味すること)
  • 発信、投稿等の内容に責任を持つこと。(特に、自らの軽率な言動によって関係者のプライバシーや名誉感情等が侵害される可能性があることに十分配慮し、また、そのような言動ほど風化されにくいことを理解すること)
  • 誤った情報を発信し、あるいは誤解を与える内容の表現を行った場合には、自らの非を直ちに認め、謝罪及び訂正を行うこと。
  • 参加するユーザー参加型メディアのルールやマナー、慣習、文化等を尊重すること。

ソーシャルメディアご利用の皆さまへ

  • ソーシャルメディアにおけるオープンハウスグループ社員の情報発信は、公式アカウントでの発信を含め、必ずしも全てがオープンハウスグループの公式発表や見解を表しているものではありません。 あらかじめご了承ください。

また、オープンハウスグループの社員が個人でブログ、ソーシャルメディアその他のユーザー参加型メディアに参加する際には、以下の事項を遵守しています。

ページの上部へ